太陽礼拝54回イベント開催!2018.10.8

ヨガステでは、毎年末に太陽礼拝108回のイベント行っています。
ただ、いきなり108回もできるかな…、きつくないかな…、そう思われる方もいらっしゃいますよね。
そんな方にも、無理なく挑戦して楽しんでいただけるように、年末のイベントに向けて108回へのステップとして半分の54回を行うイベントを開催しました。

スタートは呼吸観察

太陽礼拝を行う上で、最も重要なのは「呼吸と動きの連動」です。
心地の良い呼吸に乗せて、身体を動かすことで、よりリラックス効果が高まり余分な力が抜け、身体の可動域が広がっていきます。
すると、徐々に血流が良くなり、身体の隅々を呼吸に合わせてプラーナ(生命エネルギー)が巡っていくと言われています。

今回のイベントでも、太陽礼拝を心地良く行っていく準備として、まずは呼吸の観察からスタートしました。
日常生活の中では、呼吸に意識を向ける事はあまりないかと思いますが、ヨガではまず呼吸の観察。
外に向いていた意識を自分自身に向けていきます。
すると、集中力が高まり、心が落ち着いていくのを感じられます。

太陽礼拝54回スタート!

呼吸の観察をした後は、タダーサナで立ち、いざ太陽礼拝スタート!
まずは動作の確認もしながらゆっくりと動いていき、身体をほぐします。

もともと、太陽礼拝は準備運動の一つとも言われており、アクティブに動くレッスンでは太陽礼拝からスタートするクラスも多くあります。
肩や腰、足の付け根から足先まで、しっかりと全身を動かすため、身体全体の柔軟性を高める効果があるのです。

数回ゆっくりと動いてからは、一呼吸一動作で太陽礼拝を繰り返します。
周りとテンポがずれた時も焦らず、途中ダウンドッグで呼吸を整える間に待ち合わせ、自分のペースを大事にしながら回数を重ねていきます。

動く瞑想

太陽礼拝では決まったポーズを決まった順番で呼吸に合わせて行います。

「今、何回目だろう?」
「最後までできるかな…。」

色々な考えが頭に浮かんでくることもあるかと思います。
それを無理に考えないようにすると、余計に頭に残ってしまうもの。
様々な事を考える自分自身に気付き、それを受け入れながら動いていきます。
すると、繰り返し行う中で、次第に動きにも慣れ、あれこれ考えずに身体を動かすことができ、意識を自分自身に集中させられるようになってきます。
どこの筋肉が動いているか、呼吸の長さや深さはどうか、呼吸と動きはぴったりあっているかなど意識を向け続けることで、どんどん頭の中はクリアになっていきます。
太陽礼拝は「動く瞑想」とも言われ、繰返す毎に、自分自身と深く向き合う事ができます。

終わった後の何とも言えない達成感

途中、何度か休憩も挟みながら繰り返していきます。
気付けばラスト2回。最後の2回はクールダウンの意味も込めて、一つ一つの動きを丁寧にゆっくりと動きました。
吸う息では身体の隅々に空気を入れて、吐く時には全部吐き切って…。
54回目が終了して、目を閉じ、合掌。
肩を軽く後ろに回して一呼吸。
ゆっくりと瞼を開けて目に光を入れ…自然と拍手が起きました。
54回、完走です。

マットに仰向けになった時には、普段のレッスンとは違った感覚がありました。
たくさん動いた事で、身体を重く感じるような…反対にフワ~と軽く感じるような…何とも言えない感覚です。
シャバーサナの時間をたっぷりと取り、集中して動いていた心と身体を解放させていきます。
スタジオの空気がとても静かで、落ち着いていて、穏やかで…贅沢な空間でした。

[参加された会員様の声]
・チャトランガの時、呼吸に意識をむけると普段よりもラクに感じました。呼吸ってやはり大事なのですね。
・最後のシャバーサナがいつも以上に気持ち良かったです。
・明日は筋肉痛になりそうです。笑

 

[参考記事]
【動画あり】ヨガ太陽礼拝のポーズとその効果とは?

 

[今回のヨガステ創業5周年イベント開催会場]
ヨガステ五反田店

ヨガステ自由が丘店

体験レッスンを受けてみる入会申し込みをする

はじめての方へ

ヨガステ会員ページ

代行・休講情報


法人の方へ

ブログ記事

プレス・掲載記事